千葉県 大原の浜辺から見る太平洋に昇る初日の出。



イメージ 1



2018年の初日の出を拝むべく、
12/30から2泊で年越しキャンプへ行ってきた。

今回は千葉県いすみ市の 大原オートキャンプインそとぼう へ。

ここは団体様やグループ禁止なので、
夜中の騒音にイラつかなくて済むだろうと思ってチョイス。

人は多かったし、隣のサイトも近かったけど
静かにゆっくりと過ごすことが出来て期待通りだった。
トイレと洗い場のキレイさも感動モノ。
頑張ってる管理人夫婦バンザイ!!




イメージ 2


隣がこれだけ近いのに、静かに過ごせるなんて奇跡的?










イメージ 3


ワンポールテントのサーカスTCと、コットンタープの連結。
テントのポールのランタンフックにカラビナを使って出入り口のダブルジッパー上部からタープを引っ張った。


反対側のダブルジッパー上部から煙突を出して
薪ストーブ(G-stove heat view )をセッティングした。

イメージ 4


以前にも書いたけど、
G-stoveの純正テントガードにマフラー用の耐熱バンテージを巻いて
テントのジッパーが溶けないように念のための対策をしている。

テント内の熱源として煙突は重要だけど間違って触るとオオゴトになるので、
市販の他社用の網式テントガードを事故防止に煙突の室内ガードとして使用した。
煙突自体に耐熱バンテージを巻く事はしない。
それは意味ないし、違うと思うから。


イメージ 5

網式ガード2連結で安心安全。
我ながらコレはいいなぁと思う。


イメージ 6


つーことで、
G- stove heatviewが暖房&調理用熱源として大活躍。
頑丈コンパクトで設置撤収が簡単でお気に入りになった。
(広葉樹の薪を大量に持って行くのが面倒だけど・・・)


ちなみに、撤収時に煙突が固く外れなくて困ることがあるけど、
クレ556をスプレーすると必ず外れる。
どっかのブログに事前に耐熱グリスを塗っておくと良いってあったけど、
自分の場合はそれでも固着して外れなかったんで、
魔法のクレ556を持って行く事にした。
どう考えてもコッチの方が面倒くさくないよね。





イメージ 7

調子こいてガンガン薪を燃やしたら、
50cmくらいの高さで30℃超えちゃった?
テント上部はクラクラするほど暑くなってた(苦笑)
コレはやり過ぎ。
バックアップで持って行った石油ストーブ(フジカちゃん)の出番はほとんど無し。

相方は寝汗かいたってよ。
(夜中に何度も起きて薪を追加してたオレのおかげ😅)





イメージ 8














近くの日帰り温泉に行ったり、
海鮮を食べに行ったり、
昼寝をしたり、
本を読んだり、
コーヒーを飲んだり、

定住型2泊のキャンプだと本当にゆっくり出来て、
充実した休みを過ごした感がハンパない。


あー、楽しかった!







今年も良いスタートがきれたかな?
前日の雨からうって変わっって、キレイな初日の出も拝めたしね!



イメージ 9



つーことで、
今年もヨロピクっす。